【簡単接客術】キャバクラで稼ぐ方法!それは薄利多売!

どうも~こもちゃんです!
「キャバクラでどうやって稼ぐんですか」と、キャバ嬢からよく聞かれます。

なので、今回はキャバクラで稼ぐ為の方法について紹介していきたいと思います。

こもちゃん
こもちゃんの書いた記事なんで最後まで読んで行ってください🕺🏻

はじめに

キャバ嬢として働く上で『お店の従業員』という考えでは無く
1人の『個人事業主』という事が非常に重要です。

自分の売り上げが自分のお給料に反映します。

そして売り上げをあげるのはお店では無く
自分自身
なのでこの事をよく頭にいれておきましょう。

薄利多売とは

薄利多売とは、『一つの商品から得る利益が少なくても、たくさん売る事によって莫大な利益を得る事』です。

簡単に言えば単価の安いいわゆる、『細いお客さんを沢山掴む事で全体的な売り上げが上がる』という事です。

ちりも積もれば山となるですね。

薄利多売が良い理由

例えばお客さんが25人いたとして客単価が1人平均4万円だとすると、月100万円の売り上げになります。

もしお客さんが5人切れたとしても80万の売り上げは確保出来ている状況なので、細客を沢山掴む営業は安定性が見込めるのです。

細いお客さんから掴む

まずは客単価は安くても月に1回はお店に来てくれるお客さんをコツコツと掴んで行きましょう。

もちろん客単価が高い太客がいるにこしたことは無いです。

ですが、細いお客さんを掴んでから太客を掴んでいく営業方法をしているキャバ嬢が稼ぐキャバ嬢と言えるでしょう。

太いお客さんだけの営業方法は不安定

お金を持っているお客さん1人に目が眩むのも分かります。

その太客だけに頼っているともし、お店に来てくれなくなった時にいきなり売り上げがガクッと下がることになってしまいます。

自分の顧客は確保して売り上げをキープしつつエース(太客)を掴む様にしましょう。

記事まとめ

薄利多売の本来の意味は経営者や個人上主が『品物一つ当たりの利益を少なくし、沢山売って全体の利益を多くすること。』です。

キャバクラに置き換えると『お客さん1人の単価を安くして、沢山呼んで全体の売り上げを多くすること。』になりますね。

貯金も売り上げも地道にコツコツと増やして最終的に大きな額にするのが1番ですね。

何かお困りの事やお店選びに迷ったときは是非こもちゃんまでお問い合わせお待ちしております!

こもちゃん
キャバペディアスタッフは普段から色んなお店と連絡を取り合うことで積極的に求人しているお店など、お店の詳細がわかるのできちんと女の子に合うお店を紹介できます。😘

お問い合わせタイトルキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ