【売上げ100万】実は超簡単!!魔法の計算式【前編】

はいどうも!

キャバペディアのこもちゃんです。🙋‍♂️

どうでもいいことなんですが
カキ(貝)100グラムには
リポビタンD1本分と同じ1000mgの
タウリンが含まれています。

ちなみに今回はそんなこととは
まったく関係のない内容ですが
心をこめて記事を書いたんで読んでください!!

こもちゃん
こもちゃんの書いた記事なんで最後まで読んで行ってください🕺🏻

はじめに

今日は数字についてのお話になるので
数字のお話が嫌いな方はご遠慮下さい
(実は読んで欲しい)

キャバクラは頑張れば頑張った分だけ
お給料をもらえるというのがメリットです♥

色々なお店の給料システムを見てきましたが
100万円の売り上げを作れば
60万円のお給料がもらえる

システムが女の子にとっていいお店です。

もし、100万売上げているのに
60万以下の給料だったら
そのお店をやめたほうがいい!!
って言っちゃいます(本気)

売上げ計算式

売り上げ計算式

100万という数字を漠然に考えると
程遠いですが簡単な計算式を覚えておくだけで
目標が明確になります。

売上げを計算するには
顧客×客単価×リピート回数
で計算できます。

例)顧客5組
平均単価4万(2セット)
リピート月5回(週1)

この少ない数字で100万の売上げです。

顧客について

顧客について

顧客の種類にも3種類あります。

1)新規顧客
フリーでの席で掴む新しいお客さん

2)既存顧客
現在指名などをしてくれるお客さん

3)流出顧客
最近来てくれないお客さん

顧客の計算式

既存顧客+新規顧客-流出顧客で顧客の計算ができます。

既存顧客+新規顧客-流出顧客
で顧客の計算ができます。

10組に顧客数を増やしたい場合
既存5組-切れそうな客2組=3組
10組(目標)-3組=7組

なので、新規を7組捕まえる!!

既存のお客さんは流出客になりますので
賢い人はすでに切れそうだなというお客さんを
流出客の数字に入れます。

既存のお客さんも業界では3ヶ月続けばいい
といわれています。

自分が掴みたい顧客数=既存客-流出客
(もう来てくれなさそうな客)で
新規で掴まないといけない客数がでます。

客単価について

客単価を上げるとリピート率が減るので、できるだけ客単価は上げないほうがいいです。

客単価はリピート率との関わりがあり
客単価を上げるとリピート率が減るので
出来るだけ客単価は上げないほうがいいです。

例えば
客単価3万で週1回きてくれる
月12~15万は使える人

1ヶ月12~15万使えるお客さんなら
1回の単価を4万にしたら週3回~4回

1回の単価を5万にしたら
週2~3回しか呼べないということになります。

リピート回数について

リピート回数を増やせば客単価を下げないとお客さんが早く切れてしまいます。

リピート回数も客単価と同じで
リピート回数を増やせば客単価を下げないと
お客さんが早く切れてしまいます。

客単価を下げてリピート回数を増やす
という方法がベターだと思います。

例)月に10万使える人
1回の単価を2万にしたら週5回
1回の単価を3万にしたら週3~4回

という感じになりますね。

記事まとめ

売上げを上げるには新規客を増やすことが重要で
その次に、リピート回数を増やす
その次に、各単価を増やすこの方法がベストですね♪

この3つの数字を調整するだけで
目標の100万に近づく事が出来ます。

後編の記事では

顧客数が少ない場合
客単価が少ない場合
リピート数が少ない場合

という感じで具体的に書こうとおもいますので
是非後編もよろしくお願いします👍

こもちゃん
キャバペディアスタッフは普段から色んなお店と連絡を取り合うことで積極的に求人しているお店など、お店の詳細がわかるのできちんと女の子に合うお店を紹介できます。😘

お問い合わせタイトルキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ