キャバクラでの給料未払い解決方法

helloヽ(´▽`)/ゆりPです☆

沢山あるキャバクラですが
きちんとしたお店ばかりではないのが現実で
キャストの給料をごまかしたりするお店も多いです!

給料未払いでどうすればいいのか困っているキャバ嬢さんのために
今回の記事では未払いのお給料を徴収する方法を説明します!

ゆりP
ゆりPの書いた記事なんで最後まで読んで行ってくださいね😍

はじめに

働いていた店が突然閉店してしまい
給料が支払われないままになったり
急に辞めるのは不正退店だから
給料は支払わないと言われたり。

キャバクラでの給料トラブルは
実際よく耳にします。

ですがきちんと対処法はあります!!

未払の対処法

内容証明を送る


内容証明とは・・・
貰えるはずのお給料が未払いで
それを払ってほしいという要求を
書面にしたものです。

「給料を払って下さい」と伝えても
相手にしてもらえなかったときは
まずお店側に内容証明を送ります。

内容証明の送り方

お金1,252円
書面3通(送る分と自分と郵便局の保管用)
発送用封筒

配達を行っている大きい郵便局からのみ
送ることができます。

労働基準監督署に相談

労働基準監督署は、こうしたトラブルで
困っている人が相談出来る機関です!

お店に対して
「給料をきちんと支払うように」
という指導をしてくれます!

労働基準監督署に行く前に、まずは給料を支払うようにお店に伝えたり、内容証明を出してください。
相談すれば助けてくれるというわけではありません。

少額訴訟を起こす

少額訴訟は、
話し合いで解決しないトラブルの相手を
法的に訴えるための手段です。

請求できる金額は60万円以下で
勤務時間の記録など
証人がすぐに用意出来る場合のみ。

裁判所に支払いを命じられても、
店側が素直に応じない場合、
資産の差し押さえが出来ます。

少額訴訟の手続き

訴状・証拠・収入印紙・印鑑の4点を準備して
お店の住所の管轄になっている簡易裁判所に行き訴状を提出します。

口頭弁論日が伝えられますので、その日に裁判所に行き
判決が行われます。

記事まとめ

お店は働いた分の賃金を支払う義務があり
お店側は女の子が働いた分の給料は
絶対に払わないといけません。

まずは自分でお店側に
交渉してみることが大事です!

どうにもならなかった時は
今回紹介した方法を
是非試してみてください!

給料トラブルがあった女の子は
自分でお店を探し入店した方が多いです。

ゆりP
キャバペディアスタッフは普段から色んなお店と連絡を取り合うことで積極的に求人しているお店など、お店の詳細がわかるのできちんと女の子に合うお店を紹介できます。😘

CONTACTキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ