閑散期に襲う3つの恐怖と対処法

どうも!キャバペディアのこもちゃんです。

キャバクラ業界に関わらず飲食業界には『二八(にっぱち)』という言葉があります。
いわゆる”閑散期”というもので2月と8月は客入りが極端に減る時期です。

2月は忘年会や新年会などの飲み会や年末年始の家族サービスなどでお金を使う人が多く、8月はお盆の連休で家族サービスが優先となってキャバクラに飲みにいく時間が取れなかったりお金を使いすぎて飲みに行く余裕がない人が多い事が閑散期の原因です。

そんな閑散期によく起こる事と閑散期の乗り越え方をこもちゃんが教えます。

こもちゃん
こもちゃんの書いた記事なんで最後まで読んで行ってください🕺🏻

閑散期に起こる事

閑散期には様々なことが起こります。

2月、8月はお客様を呼べず数字を作れていないキャストに対してお店側は非常に冷たくなる時期で新米キャバ嬢さん、お客様の居ないキャバ嬢さんにとっては稼ぎにくくなります。

①早上がり

暇になるとお店はキャストの人件費を削減する為、売上が作れていないキャストを選び、早上がりさせていきます。

GW前、お盆前、年末年始前は長時間勤務出来ていたのに、1日3時間、2時間、ひどい時は1時間しか勤務できないということもあります。

②お給料が減る

シビアな話ですが、キャバクラは時給制なので勤務時間が減ればお給料も当然減ります。

こもちゃんが紹介しているキャストさんの中には「給料が半分になった・・・」という女の子もいました。

③出勤調整される事も

人件費を減らすために早上がりどころか出勤をさせない事もあります。

お店から期待されていないキャバ嬢さんは『お客様を呼べるなら出勤可能』『週末だけ出勤してほしい』と出勤調整をされるようになります。

閑散期の乗り越え方

閑散期に起こりやすい3つの事を書きましたが、対処法として1番いいのは「お客様を呼ぶ」ことです。

お客様に「お店に来てよ!」とダイレクトな営業をかけてしまいがちですが、営業方法にもコツがあるので説明いたします。

①ピンポイント営業

普段からお客様に営業をかけているとは思いますが、この閑散期には狙うべき客層があります。

それは『独身のお客様』です。

冒頭にも書きましたが2月、8月に閑散期が来る理由は『家族サービス』が多いので、独身のお客様を狙った営業をオススメします。

そして大切なのが、お客様の来店日を上手に『分散させる事』!
1日に固めてお客様を呼んでも、他の呼べない日は早上がりの対象になりやすくなります。

上手に来店日を分散させ『毎日お客さんを呼ぶ』という状態を意識することが重要です。

②アフターもしてみる

普段はアフターに行くのを避けていても、こういう閑散期こそお客様とプライベートの時間を作っておくことで、後々売上に繋がります!

「今日、お店早く閉まると思うので、ご飯行きませんか?」などと、上手に誘ってみるのもアリです。

③賭け同伴

賭け同伴とは、同伴出来るかどうか分からないお客様と出勤前に食事に行ってあわよくば同伴してもらおう!という作戦のことです。

食事の場が盛り上がれば、そのまま「今から1時間だけでもお店に来れない?」と誘ってみることも大事ですが、こもちゃん的には来店できなくても出勤前に食事をご馳走になれるだけも十分じゃないかな?と思います。

この閑散期はお客様とのプライベートの時間をとって関係性を作る時期でもあると思っています。

賭け同伴をしたその日に来店は出来なくても、良いお客様であればきっと後日お店に来てくれます。
こういった日々の積み重ねの無駄に思えるかもしれない営業が後々の大きな数字に繋がります。

同伴の失敗をしないための記事をキャバペディアのゆりPが書いてくれてるので、参考にしてください。

同伴についての関連記事

おわりに

閑散期は『営業のかけ方』を押さえておけば、しっかりと数字はついてくるので閑散期も怖くないです。

閑散期は営業時間が短くなり、稼ぎが落ちやすいですが我慢、忍耐の時期です。
焦らずマメな営業をすることで売上として努力は返ってきます!

閑散期、しんどい時期かもしれませんが、頑張っていきましょう‼
こもちゃんにアドバイスができることがあれば何でもアドバイスしますので、お問合せお待ちしております。

CONTACTキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ