キャバ嬢の『顧客管理帳』について!!

さてさて今回は『キャバ嬢の顧客管理帳について』です

顧客管理とは何?という方もいるかとは思いますので、簡単に説明します。

顧客管理とは顧客の情報や売上の情報だけでなく、顧客との「関係」を管理することです
この顧客管理は一般のお昼の企業では、基本的にはどこでもありますがキャバクラ業界でもあります

キャバクラ業界では『顧客管理帳』『顧客管理ノート』と呼ばれており、お客さんのプロフィールを記載したノートで管理している女の子も居ます

こもちゃん
こもちゃんの書いた記事なんで最後まで読んで行ってください🕺🏻

顧客管理帳を利用する理由

自分のお客さんが増えてくると誰が誰で、どんな人で、どんな会話をしたとか、自分の頭のノートだけでは覚えきれないので、後で見返してスグにお客さんの情報が分かるようにするためです

人違いは一番失礼です。

お店によっては店の顧客管理方法がありますが、自分流で作ったほうが見やすいでしょうし、自由に書けるので長続きします

キャバクラの出勤時は必ず持っていきましょう

顧客管理帳の書き方

できるキャバ嬢はフリー、指名に関わらずどんなお客さんの情報でも管理しています
具体的にお客さんのどんな内容を顧客管理帳の書けばいいのかというと

・名前
・ニックネーム
・誕生日
・会社名
・出身地
・住んでいる場所
・電話番号
・メールアドレス・LINE
・女性関係(結婚しているか、彼女はいるか)
・趣味
・休日の過ごし方
・連絡可能な時間帯、曜日
・好きなタイプ
・来店日
・その日の会計金額
・誰と来たのか
・一緒に来店された方との関係性
・見た目の特徴(身長、体型、特徴)
・話した内容
・お店で飲んでいたお酒の種類・銘柄
・タバコ吸うか吸わないか
・他店のキャバクラに行っているか
・他店のキャバクラの指名嬢

などなど。

最後に総合的に自分の中で、良いお客さんと思った方に評価をつけてもおもしろいかと思います
(☆5つとか、100点中とか)

月間の来店スケジュールを組む

真面目にスケジュールを組んでおくと、そのノートから来店のサイクルが読み取れるようになってきます。

一定のサイクルや決まった曜日に来店するお客さんが多いので、その情報をもとに同伴やスケジュールを組むといいと思います。

指名被りは大変だと思うので、指名の少ない曜日があれば、場内指名をもらった時に、この曜日が暇だから来てと営業をかけることで、指名のない時間を減らすことができます。

顧客管理帳のメリット・デメリット

顧客管理帳をつけることでメリットはたくさんあります
結婚してるかしていないかとか、出身地を知っていればその地域の情報を調べておいて話題にするとか、利用方法はいくらでもあります

お客さん1人1人にマメになれますし、自分の顧客管理帳が増えれば増えるほど、仕事に対してのモチベーションも上がります

その1人1人の情報がお金となって、いくらに化けるかはあなたのやり方次第です

デメリットは一切ありません

NO.1を目指すのであれば売り上げ管理も大事!

さらに売り上げを上げたいんであれば、指名の頂いたお客さんの合計金額を、毎回必ずメモしておいてください。

自分の売上管理にもなり、さらにお客さんの平均額もわかるので営業をかける優先度もわかります。

ある程度、使う額に応じてランクをつけることで給料の締め日に近い時に、もうちょっとほしいとなったら、即座に誰に営業をかければいいかもわかります。

記事のまとめ

顧客管理帳はこのブログを読んでもらってから始めても全然遅くありません
明日やろうは馬鹿野郎!
そもそもやらんは大馬鹿野郎!

ということでみなさん今日から始めましょう。

顧客管理帳は継続的に実施してなんぼのものです
現在、売れているキャバ嬢の9割は自分なりの、顧客管理帳を持っているでしょう

周りに油断をさせて、実は見えないところでしっかりちゃっかり管理帳を持っているので、ぜひぜひ皆さんも三日坊主にならないように、顧客管理帳を試してみてはいかがでしょう

お問い合わせタイトルキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりPに相談する

お問い合わせはこちら

こもちゃんに相談する

お問い合わせはこちら