延長交渉の方法とポイント

どうも!キャバペディアのこもちゃんです!

今回は初心者キャバ嬢のために
延長交渉のコツとポイントを記事にまとめました!

こもちゃん
こもちゃんの書いた記事なんで最後まで読んで行ってください🕺🏻

はじめに

キャバクラのシステムは時間制になっています。

指名の席であれば何セットお客さんが
居てくれたかでお給料にも変化があり

ポイント制のお店であっても
指名のお客さんが1セット居たら1ポイント
2セット居たら2ポイントと、長い時間
遊んでもらうほどキャバ嬢のお給料はアップ!

延長とは

1セットの終わりごろにお店の人が
「そろそろお時間ですが延長はどうしますか?」
と聞きにきます。

※自動延長システムの店もあります

帰るお客さんは「チェック」といいお会計をし
まだ遊びたいというお客さんは「延長」します。

延長交渉をしよう

定期的にお店に来てくれているお客さんや
金銭的にも時間的にも余裕のあるお客さんには
延長交渉をしてみましょう!

フリーのお客さんでも
場内指名を貰って延長交渉が成功すれば
自分にバックがつくこともあります。

延長交渉しないほうがいいパターンも!

●団体で来店していて、延長しない人が居る場合

●遠くに住んでいて終電がなくなりそうな場合

●金銭的に延長の予算がない状況

こういったお客さんも無理を言えば
延長してくれる可能性はありますが
今後の来店に響くので、印象を悪くする
強引な延長交渉は避けましょう。

延長営業をするタイミング

延長営業をするタイミングは、
指名が被っていない時や暇な時がチャンス!

1セットが終了して「延長はどうしますか?」と
お店の人が聞きに来た時に「もう少し話したい」
ということを伝えるだけでOK!

指名がかぶっていて延長したのに
全然席に居ないという状況では
お客さん不満がる事が多いですが。

ゆっくり話ができ、お客さんが満足なら
多少予算オーバーだったとしても
次も延長してくれる可能性はアリですね。

固定客への延長交渉

;

1セットが基本のお客さんでも
2セットいることに慣れると
1セットで帰るのが物足りなくなります。

基本1セットで帰るお客さんを
基本2セット居る人に育ててみましょう!

ボーイに協力してもらう

交渉の際、一緒に営業をかけるようにと
ボーイに前もって言っておくのも
ひとつのやり方です。

会話を盛り上げる

時間前、ボーイがくる少し前に
会話を盛り上げ、延長してもらう作戦!

「せっかく面白い話してたのに~~~」

と交渉してみましょう!

記事まとめ

ただ単に延長交渉するのではなく、
しっかりタイミングを計算しましょう。

大事なのは、延長させることではなく、
お客さんが延長したいと思う時間を作ること!
だとこもちゃんは思います!!!

これを参考に交渉も頑張ってみてください!

こもちゃん
キャバペディアスタッフは普段から色んなお店と連絡を取り合うことで積極的に求人しているお店など、お店の詳細がわかるのできちんと女の子に合うお店を紹介できます。😘
<a href=”https://kyabapedia.com/cat_keiken/tec/”>カテゴリ一覧に戻る</a>

 

CONTACTキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ