指名に繋がる営業(LINE)の送り方

HELLO👏🏻ゆりPです😙

お客さんを呼べるキャバ嬢は
連絡がマメでレスポンスが早いですね🙆🏼‍♀️

でも、女の子からすれば店に飲みに来て
以外にお客さんに伝えたい事は無いし、
興味ない客に対してどんな内容の連絡を
したらいいのって思いますよね?ww

なので、今回はお店に来てもらうための
営業メール「指名に繋がる営業(LINE)」
についての記事を書いていきます!

ゆりP
ゆりPの書いた記事なんで最後まで読んで行ってくださいね😍

はじめに

キャバ嬢は営業メール(LINEなど)を
お客さんに送りますよね?

お店に来てくれないのに
ただ単に長々連絡を取るだけでは
女の子からすれば面倒なだけです!

お客さんと仲良くなるため、
指名に繋げれるような連絡が重要です🙃

「これ使えるな~」と思ったら
ぜひ吸収して実践しちゃってください!

興味を持つ・質問する

『体調崩してないですか?』

『休みの日は何しているんですか?』

『彼女いるんですか?』

全く興味がないお客さんでも、
語尾に(?)をつけて質問をすることで
『興味あるのかな?』と思わせましょう!

女の子からの気遣いは
男性からすると嬉しいものなので
『風邪流行ってるけど大丈夫?』など
普段からそんなメールできる女性になりましょう!

名前(ニックネーム)で呼ぶ

「お客さんと仲良くなるにはあだ名で呼ぶこと」

今まで誰にも呼ばれたことがないような、
ニックネームをつけるのがオススメです!

これは私の経験上ですが
社会的に地位の高い人は
『〇〇っち』『〇〇たん』みたいな感じの
普段は呼ばれないようなニックネームが好きです。

そこまで偉くない人は『〇〇王』みたいな
持ち上げたあだ名だと喜びます。

前回の会話の内容をいれる

『この前話してたアレなんだけど~』
など過去にした話の内容を掘り返してみましょう。

お店に来た時に話していた小さな話でも、
お客さんは話の内容を事を
細かに覚えて貰えていたら嬉しいものです。

売れるキャバ嬢はその日お客さんと
喋った内容を事細かにメモを取っていたり
きちんと覚えています。

ドキドキさせる

お客さんがメール・LINEを読んで
ドキドキするようなメール
送ってみるのも効果的です!

『今日のドレス~どうかな~?』
みたいな感じでキャバクラの更衣室で
写メを撮って送るだけで、
お客さんはドキドキします!

お休みの日は、部屋着の写真なども効果的。
自分に興味を持ってもらう
ということがポイントです。

特別扱いをする

人間には「承認欲求」というものがあり
特別扱いされることで
『自分が価値のある存在である』と認識します。

男女関係なく特別扱いされるのは
嬉しいものなので、

『店の人には内緒ね。』『〇〇さんは特別。』

など”自分はお客さん”ということを
忘れさせるような
特別扱いをしてみましょう。

記事まとめ

『自分の存在をアピールする』ということで
普段から営業メールを定期的に送っていれば
自分のことを思い出してくれる可能性が高くなります!

たとえ返信がなくても
「営業メールを送る」という行為が重要です。

LINEならタイムラインなどで
自分を発信することでも
お客さんの記憶には残せるので
ぜひ『自分の存在をアピールする』
ということをやってみてください!

キャバクラをお探しの女の子
その他の接客術など知りたい女の子は
ゆりPにご連絡下さいね!

ゆりP
キャバペディアスタッフは普段から色んなお店と連絡を取り合うことで積極的に求人しているお店など、お店の詳細がわかるのできちんと女の子に合うお店を紹介できます。😘

お問い合わせタイトルキャバペディアスタッフお問い合わせ

LINEでお問い合わせ MAILでお問い合わせ 電話でお問い合わせ ゆりP:未経験さんを全力サポート
LINEでお問い合わせ MAILでお問い合わせ 電話でお問い合わせ こもちゃん:すべての水商売の生みの親


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。