朝キャバ・昼キャバについて

夜のキャバクラで働きたいけど
時間的に厳しい方の為に
朝にあいているキャバクラと
お昼にあいてるキャバクラの案内をします。

キャバクラって言われたら夜を連想する方が
多くいると思いますが朝キャバ、昼キャバ
といった時間に営業しているお店もあります。

このブログを見てくれている女の子の中には
夜の業界未経験の方もいると思うので
色々分かりやすく説明していきたいと思います。

ゆりP
ゆりPの書いた記事なんで最後まで読んで行ってくださいね😍

営業時間

昼キャバ朝キャバの営業時間
お店によって営業時間は様々ですが
朝キャバは早朝4時~お昼まで
昼キャバは13時~18時ぐらいまで
営業しています

夜働けない、門限が厳しい
という女性が多いです。

客層

昼キャバ 客層
朝、昼キャバに来るお客さんの7割は
他店舗のキャバクラのボーイや
店長、ホストなどの同業です!

残りの3割が出張や観光で来ている人
時間に余裕のある年配の方です。

客層がほぼ同業ということもあって
キャバクラという業種を理解しています!

給料面

昼キャバ給料
昼キャバは夜のキャバクラに比べると
時給が安く指名バックや伴バックなどは
夜のキャバと同じバック料のお店が多いです。

昼キャバは夜のキャバより
お金を使うお客さんが少ないので
夜のキャバと比べても
稼ぎにくいのが現状です

【朝、昼キャバのメリット】

・普通のアルバイトに比べれば時給が高い
・時間が昼間なので子供がいても働きやすい
・家族や彼氏にバレにくい
・シフトの融通を聞いてくれやすい
・ノルマがほとんどない

【朝、昼キャバのデメリット】

・夜キャバに比べれば時給は安い
・早い時間からお酒を飲まないといけない
・来店するお客さんが少ない
・全体的に夜よりも稼ぎにくい

働いているキャスト

 昼キャバキャスト

働いているキャストの多くは
主婦やシングルマザーなどの
夜間に働くことが難しい女の子
が多いのが特徴です

キャバクラを一切したことのない
未経験のキャストが多いのも
昼キャバの特徴です。

学生や、門限が厳しいので
「どうしてもお昼しか・・・」
って人が多いです。

記事のまとめ

「どーしても夜キャバで働けない!」
っていう理由がある子に関しては
昼キャバで稼ぐのをオススメします。

昼キャバでもやり方次第では
100万以上の給料を持って帰っている
女の子もいます。

お昼のキャバクラは客層や
フリーの入りで稼ぎも変わってくるので
気になる方は一度ご連絡下さい!!

ゆりP
キャバペディアスタッフは普段から色んなお店と連絡を取り合うことで積極的に求人しているお店など、お店の詳細がわかるのできちんと女の子に合うお店を紹介できます。😘

CONTACTキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ