最近よく聞く「コンカフェ」って何?

HELLO♪ゆりPです(^^)/

「コンセプトカフェ」というお店を聞いたことがありますか?
略して「コンカフェ」と言います!

興味のある人はぜひ最後まで記事を読んでみてください(^^)/

はじめに

コロナ禍にもかかわらず盛り上がりを見せるコンカフェ業界。

キャバクラやガールズバーよりも
働きやすく
メイドカフェよりも稼げる
という事で人気になってきています♪

今、大阪ミナミや日本橋辺りでは
コロナの影響で閉店したお店の跡地に
コンカフェが続々とオープンしています。

コンカフェとは?

コンカフェとは「コンセプトカフェ」の略。

その名の通り、働くスタッフがお店の
コンセプトに合わせてコスプレをしたり
内装やメニューを提供します。

お店ごとにに決まったテーマをコスプレ系や動物系アニメ系など
ざっくりとした分類に分けられています♪

お客さんはもちろん、スタッフとして働く場合も
非日常的な感覚を味わうことができます(‘ω’)ノ

仕事内容やシステム

コンカフェの多くは「飲食店営業」になるので
アルコールや食事の提供ができます☆

コンカフェといっても「カフェ業態」と
「バー業態」の2つに分けられていて

「カフェ業態」は昼間はカフェとして、
「萌え系」のコンカフェの多くはカフェ業態

「バー業態」は夕方以降からの営業で飲み放題など
お酒を楽しみたいというお客さんも多く訪れるのが特徴。

アルコールの提供があってもキャバクラのように客の隣に座っての接客はできません!
お客さんは女の子とお話しながら食事を楽しんだり、お酒を飲むことができます☆

時給は?

コンカフェでの平均的な時給相場は1000~3000円です☆
時給は営業時間やお店のコンセプトによって違いがあります。

時給が高く設定されているお店は
一般的なカフェ業務+αで
お客さんと一緒にお酒を飲む、衣装の露出度が高い、
の等のサービスがあることが多いです(*^^*)

ドリンクバックの相場は10~30%
お店によっては「1杯200円」など
金額が明確に決まっていることもあります。

ガールズバーとの違いは?

コンカフェのほとんどはガールズバー形式で
カウンター越しの接客になりますが
ガールズバーと大きく違うのが、料金の価格です。

コンカフェは初回1時間3000円〜
一般的には飲み放題のお店が多く
オプションとして女の子が飲むお酒や
気に入った女の子と別料金で
チェキ撮影をすることもできます。 

記事まとめ

コンカフェとしてもっともメジャーなのは
メイド喫茶などが含まれるコスプレ系のコンカフェ。

大阪では最近日本橋からミナミにかけて
コンカフェが集中していて今では80軒近くあります!

コロナ禍なのに過去最高益を出す店も少なくないんです。

コスプレ好きにはもちろん、興味があるというだけの方や
初心者でも馴染みやすい雰囲気のお店がたくさんありますので
気になる事や質問などありましたら是非お問合せください(^^)/

CONTACTキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ