コロナの影響で生活資金にお困りの方必見!生活福祉資金って知っていますか?

HELLO(*´▽`*)ゆりPです!

キャバ嬢や、ナイトワークの方にとって
まだまだ厳しい状況が長引いていますよね。

今回はコロナの影響で生活資金にお困りの方向けの記事です!

はじめに

生活福祉資金貸付って知っていますか?

新型コロナウイルスの影響で
生活資金に困っている方は
緊急小口資金・総合支援資金
という貸付制度が利用できます。

新型コロナの影響で生活資金にお困りの方、
給料が減ったり失業したという方は
是非この記事をチェックしてみてください!

生活福祉資金は2種類

生活福祉資金制度は
・生活のため一時的な生活費
必要な方向けの緊急小口資金。
・生活再建まで一定期間の生活費
必要な方向けの総合支援資金。
の2種類があります。

状況に応じて10万円~80万円の貸付が
行われますがどちらが適用されるかは
個人によって差があります。

緊急小口資金

新型コロナウイルス感染症の影響によって
休業になったり収入が減少した方
生計維持のための生活費
無利子で貸してもらえる制度です。

休業や失業によって生活資金で悩んでいる方
であれば社会福祉協議会の
窓口で面談し当日に申込みを行えて
20万円を無利子で借りることができます。

総合支援資金

新型コロナウイルス感染症の影響によって
失業したり長期間、収入が減少し
日常生活の維持が困難な方に、
生活の立て直しまでの一定期間(3か月)の
生活費
を貸してもらえる制度です。

二人以上世帯なら月20万円以内
単身世帯なら月15万円以内を
無利子で借りることができます。

キャバ嬢でも借りられるの?

通常時でもこの生活福祉資金の貸付制度は
行われていますがナイトワークの方に対しては
審査が非常に厳しいと言われていました。

ですが、コロナに関する融資については
職業を問わず対応してもらえます!

厳しい状況が続いて困っている方も多いですが、
お困りの方はこういった生活福祉資金もあるので
覚えておいてください(^^)

申し込み方法は?

市区町村の社会福祉協議会で
お申し込み・ご相談いただけます。

収入の減少については
「収入の減少状況に関する申立書」
に記載することで証明できるので
給与明細等を用意する必要はありません。

お住まいの市区町村社会福祉協議会
のホームページを確認してみてください!

貸付金の返済は必要?

この制度は貸付金なので一般的には
償還(返済)しなければいけません。

ですが、天災その他やむを得ない事情で
償還が困難と認められたときは、
所定の手続、審査を経て償還を一時猶予したり、
免除することができます!!

収入が不安定で返済が困難、などの場合
民生委員や市区町村社協に相談してみてください 。

記事まとめ

今回の記事は少し難しい話になりましたが
わかりやすく説明すると

新型コロナウイルスの影響で給料が減ったり
仕事がなくなり生活費に困っている人は
社会福祉協議会に相談すれば無利息でお金を借りれて
返済も余裕が出来たらで良いですよ!という事です

ナイトワークだからと諦める前に一度相談してみてください(*^^*)

お店やお仕事の相談は是非キャバペディアにお問合せ下さい☆

CONTACTキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ