エクステの種類とメリットデメリット

HELLO!ゆりPです☆

ショートからロングにしたり、
ヘアアレンジしたりしたいとき
エクステをつけますよね(・.・*)

ゆりPも最近エクステをつけたのですが
最近のエクステは種類が豊富すぎて
何にするかめっちゃ悩んだので
参考になればなと記事にしちゃいます!w

ゆりP
ゆりPの書いた記事なんで最後まで読んで行ってくださいね😍

はじめに

ヘアーエクステンション
(Hair extension)

簡単にイメチェンできるエクステですが
思っている以上に種類が沢山あります!

今回はエクステの種類や
それぞれのメリット・デメリットを
紹介していきます!

編み込み

一番主流のつけ方!
地毛の根元にエクステを編み込んで
糸ゴム等で縛ってとめる方法です。

編み込み方法は一般的な三つ編、
四つ編などサロンによって様々!

価格は1本あたり400円前後です。

メリット

・長持ちする
・値段が比較的に安い
・自分で外すことができる
・色を混ぜることができる

デメリット

・編み目が目立つ
・髪の毛が細い人には向いてない
・つけ心地が微妙
・根元までしっかり乾かすのが大変

シール

地毛にシート状のシールを使い
エクステを装着するシールエクステ。

編み込みエクステのように
デコボコしないので髪に馴染みます。

取るときは専用のリムーバーや
専用の除光液が必要です!

価格は1本あたり300円前後です。

メリット

・貼るだけなので施術が短時間
・毛が細い人でも自然
・前髪にも馴染む

デメリット

・シールなので、たまに外れる
・色が合わない場合がある
・自分で取れない

[/col2][/colwrap]

超音波

専用のマシンで超音波を利用し、
接着剤を浸透させ取り付ける方法。

超音波エクステ専用の毛束には、
高分子ケラチンという成分がついていて
専用マシーンで溶かして髪につけます。

価格は1本あたり300円前後です。

メリット

・乾くのが早い
・つけ心地がいい
・細いので自然なロングにできる

デメリット

・値段が高い
・色が混ぜれない
・取り外しに専用薬液が必要
・細いのでたくさんつけないと馴染まない

[/col2][/colwrap]

プルエクステ

取り付け時間が早い最新のエクステです!
本数をたくさん付けないと馴染まないけど

メーカーは取り扱いサロンにしか
外し方を明かしていませんので
自分で外すことが難しいいそうです!

価格は1本あたり300円前後です。

メリット

・取付部分5mm
・丁寧に扱えばモチは3ヶ月~
・細いので自然なロングにできる

デメリット

・値段が高い
・自分で取り外しができない
・細いのでたくさんつけないと馴染まない

シリコンキャップエクステ

シリコンでコーティングされた
筒状の小さなビーズに地毛と一緒に
エクステを通して固定する方法。

簡単に装着でき、違和感もなく
目立ちにくいですが、モチが悪く
ボリュームが出しにくいです。

価格は1本あたり300円前後です。

金属チップエクステ

金属チップに地毛とエクステを通し、
ペンチで地毛の根元部分を固定する方法。

自分でもカンタンに装着でき、
違和感もなく目立ちにくいですが、
モチが悪く本数がたくさん必要です。

熱収縮チューブエクステ

熱収縮チューブに
地毛とエクステを一緒に通し、
熱を利用してエクステを装着する方法。

自分でもカンタンに装着できますが
接着剤を使用するので髪への負担が気になります。

記事まとめ

今回はエクステの種類や
それぞれの特徴について紹介しました。

種類だけでなく毛質なども様々ですが
ヘアセットを繰り返すキャバ嬢には
人毛100%のものや、できるだけ
毛質のいいものががおすすめです!

ゆりPに連絡くれれば
毛質が良くてエクステの上手な
ヘアサロンのご紹介も可能です!

質問などあればお気軽にお問い合わせくださいね(^O^)

お問い合わせタイトルキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ