稼ぐキャバ嬢はやっている!年代別の接客術

はろーゆりPです!

お客様の年齢を気にして会話してますか?
年代層によってに会話を変えることで
色々な層お客さんに気に入ってもらえるかも!

ゆりP
ゆりPの書いた記事なんで最後まで読んで行ってくださいね😍

はじめに

若いお客さんには人気があるのに
年配の人には指名してもらえない…

と思ったことはありませんか?

お客さんの年代別で接客するテクニックを
身につけることでどの世代のお客さんからも
指名をしてもらえるようになります!

20代への接客

20代の人は会社の上司や先輩に
連れられて来たりすることも多いです。

上司に連れられてきている場合は
その席は上司がメインと思えばOK。

上司を楽しませるのをお手伝いする
感じの接客がベストです!

そうでない場合は男友達のように
フレンドリーに話しかける接客が
オススメです!

30代への接客

キャバクラで遊ぶことを覚える世代。

何となくでキャバクラに遊びに来た
という方も多いかも。

30代前半キャバクラで
はしゃいでいた人も、
後半では落ち着いた
飲み方をするようになります。

落ち着いた接客ができる
キャバ嬢が好まれやすいです。

40代への接客

40代はキャバクラに通う人が
一番多い世代!

お気に入りの女の子を見つけて、
その子の為に通うという人も多いです。

若い女の子に警戒するお客さんも
多いので気に入られるまでは
少し時間がかかるかもしれません。

家庭を持っていて、息抜きで遊びに来たり
日頃こぼせない愚痴を聞いて欲しい
と思っている人も多いです。

50代への接客

50代というのは自分が20代なら
親と近い年齢かもしれません。

この子になにかしてあげたいと、
親心を抱くお客さんもいるので
上手に甘える接客がおすすめ。

古い考えを押し付けられたり
否定したくなることも多いかもですが
素直に聞いているフリをしておきましょうw

年齢別の接客が通用しない人

キャバクラに来るお客さんの中には
若くして社長になった人や、
アーティスト関係のお仕事の方など
独自の感覚を持っている方もおられます。

20代の企業の社長に
若い人に合わせた接客をしたり、
気持ちの若い人のに
年配に合わせた接客をしていると
嫌われてしまうので注意です・・・。

人によってはそれが通用しない
ということも覚えておきましょう。

記事まとめ

何も考えずにすべてのお客さん
に同じような接客をしているようでは
年上の相手には無礼だと思われたり
年下の相手には丁寧すぎて距離感がある
という状態になったりします。

この人は30代だからこんな女を演じてみよう。
この人は50代だからこうしてみよう。
こんなふうに年齢によって接客を
変えてみてはいかがですか?

ぜひ試してみてください!

ゆりP
キャバペディアスタッフは普段から色んなお店と連絡を取り合うことで積極的に求人しているお店など、お店の詳細がわかるのできちんと女の子に合うお店を紹介できます。😘

CONTACTキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ