キャバクラで出る基本の【お酒】

ハロー🌝ゆりPです💟

今回はキャバクラの「お酒」について記事をまとめました☺

ゆりP
ゆりPの書いた記事なんで最後まで読んで行ってくださいね😍

はじめに

キャバクラでお客さんがお酒を飲むから
と言ってキャバ嬢も必ずお酒を飲まないといけない
というわけでは無いです🙌

キャバクラにはお酒だけでなく
会話を楽しみに来ている
というお客さんがほとんど!

お店にもよりますが女の子のドリンクの
お酒をかなり薄めに作ってくれたり
例えばウーロンハイをウーロン茶にして
持ってきてくれたりする所もあります。

キャバクラで出る【基本のお酒】

ハウスボトル

ハウスボトルはお客さんが飲むお酒です。

キャバクラでは基本的にハウスボトルは
セット料金に含まれていてハウスボトルの種類は
焼酎・ウイスキー・ブランデーの3種類から
選べるシステムのお店が多いです。

テーブルに焼酎、ブランデー、ウイスキー
などのハウスボトルが置いてあります。

テーブルにはハウスボトル(お客さん用のお酒のボトル)・アイスペール(氷・トング・マドラーのセット)

・灰皿・ゲストグラス(お客さん用のグラス)・の5つが必ずありますのでsのセットから作ります。

キャストドリンク(女の子用)

キャバクラではキャバ嬢が
お客さんに頂くお酒を
「キャストドリンク」と呼びます

飲むお酒の種類に関係なく
一律料金を設定しているお店も多いです。

女の子が主に飲むドリンクは
以下のような種類があります♪

ビール

アサヒ・キリン・プレミアムモルツ
などのビールを置いてあるところが多く

ボーイがキッチンでグラスに注いで
席まで持って来てくれます。

カクテル

「カクテル」とは様々なリキュールと
ジュースなどを組み合わせて作ります☆

ジュースのように飲みやすいものが多く
お酒初心者がチャレンジしやすいです!

カシス系リキュール⇒カシスオレンジ・カシスウーロン・カシスソーダ
ピーチ系リキュール⇒ピーチウーロン・ファジーネーブル など

〇〇ハイ

焼酎を他のドリンクで割るお酒です。

定番は炭酸で割る、チューハイ、サワー

お茶で割るウーロンハイ・緑茶ハイ・ジャスミンハイ
さっぱりとしたお酒が好きな人にオススメ☆

お茶割りは糖質やカロリーがほぼゼロに近く
濃さも自分で調整できるので女の子におすすめ♪

ショット系

一気に飲み干すショット系のお酒☆

盛り上がりたいお客さんや団体のお客さんに人気
ショット系のお酒は盛り上がった席で
連続して注文してくれることもよくあります♪

テキーラ・コカレロ・イェーガー・クライナー など

キャバクラで出るお酒 【ボトル】

お酒が飲めなくてキャバクラで働くと
シャンパンやボトルなどが卸りた時に
自分一人では全然減らす事が出来ないので
売上が思うように伸びない可能性はあります。

お店のボーイやキャバ嬢がヘルプで
手伝ってくれる場合もありますが
全く飲めない分ドリンクバックが
思うように伸びない
という事は有り得ます。

シャンパン

キャバクラといえばシャンパン!

ヴーヴクリコ・モエシャンドン・ソウメイ
アルマンドなど様々なシャンパンがあります。

シャンパンをグラスに注ぐ量は
グラスの5分の3くらいが目安です。

注いでもらう時は、シャンパンもワインも
グラスをテーブルに置いたまま
注いでもらうようにしましょう。

 

ワイン

キャバクラに置いてあるワインは
オーパスワン・ロマネコンティなど
高級なものも多いです。

ワインをグラスに注ぐ量はグラスの
4分の1くらいが目安となります。

毎年世間が賑わう「ヴォジョレーヌーヴォー」の
解禁時期は、キャバクラでも盛り上がります☆

焼酎

主な種類

吉四六(麦)
黒霧島(芋)
鏡月(甲類)
鍛高譚(紫蘇) など

お酒の割合

・薄めなら指1本分
・普通なら指2本分
・濃いめなら指2.5本分

※あくまでも目安なので
お客さんに聞くのが一番です。

お湯割り

お湯割りを作る場合は「お湯」→「焼酎」
の、順に入れるとお湯と焼酎が
上手く混ざるのでオススメです。

先に「焼酎」を入れちゃうとアルコールが
飛んでお酒風味のお湯になります。

かき混ぜすぎてもアルコールの風味が
飛ぶんで1~2回かき混ぜる位が良いです。

また、瓶底に旨み成分が沈みやすく
長時間置いておくと便の底に旨み成分が
沈むので注ぐ前に瓶を振ると良いです。

ウイスキー・ブランデー

主な種類

ヘネシー
カミュ
シャボー
コニャック など

お酒の割合

・薄めなら指0.5本分
・普通なら指1.5本分
・濃いめなら指2本分

※ウィスキーとブランデーは焼酎に比べて
アルコール度数が高いので焼酎より
少なめが好きなお客さんが多いです。

ロックの作り方

ロックを飲まれるお客さんの時はまず
ロックグラスをボーイさんに頼みましょう。

ロックグラスにはアイスを3~4つ
入れましょう。
専用のアイスを置いているお店もあります。

水割りの時と違ってアイスを混ぜる時は
ゆっくり混ぜるようにしましょう。

ポイント

早く混ぜすぎると水分の多いロックに
なってしまうので、お酒の量の目安は
ロックグラスの3分の1くらいで
大体人差し指と中指の
2本分くらいがちょうどいいです。

まとめ

お酒について知っているだけでキャバクラでのお仕事がしやすくなります★
作る頻度の高い「水割り」と「ロック」の作り方くらいは基本として覚えておくと良いですね!

もちろんお酒が飲めなくてもキャバクラで勤務することは可能です!

ゆりP
キャバペディアスタッフは普段から色んなお店と連絡を取り合うことで積極的に求人しているお店など、お店の詳細がわかるのできちんと女の子に合うお店を紹介できます。😘

CONTACTキャバペディアスタッフお問い合わせ

ゆりP

元キャバ嬢の私が
全力サポートさせて
いただきます!

こもちゃん

元ボーイが全力サポート!
未経験の方大歓迎!

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”ゆりP”に今すぐお問い合わせ

LINE/電話/メールでお問い合わせ可能

”こもちゃん”に今すぐお問い合わせ