キャバクラのお酒

キャバクラで扱っているお酒は
主にビール、焼酎、ウィスキー、ブランデー、シャンパン、ワインである。

キャバクラではお酒は付き物であり、面接時にもお酒は強いか弱いか聞かれる。

キャバ譲は「お酒を飲むのがお仕事」「お酒が好きじゃないとできない」と思われがちだが、
キャバ譲のお仕事は、お客様に気持ちよくお酒を飲んでもらうことである。

お酒は強くて飲めたほうが稼げるが、
弱くて一切飲めない女の子でも稼いでいるキャストはいる。

お酒を飲めなくても、
お客様は一緒に居て楽しいと思えばお酒が進むし延長もするものである。

お酒が弱くて飲めない女の子のために「フェイク」と呼ばれる
薄めたお酒や、ノンアルコールを出す店もある。

あらかじめお酒が飲めないことを話しておく事で対応してくれるお店がほとんどなので、
お酒に弱いことを隠さずあらかじめ面接時に相談しよう

お酒が強いと自信のあるキャストも、自己管理をしっかり行なわないと
身体を壊すことが多々あるので気をつけるように。