キャバクラの仕事内容

キャバクラの仕事内容は
主にお客さんのお酒の相手をしながら楽しい時間を過ごしてもらうことである。

お客さんも非現実的な感覚をキャバクラで求めているので、
時には演技が必要なのもキャバクラ嬢にとっては重要なお仕事である。

キャバクラの細かな仕事内容で言えば、
「会話する」「お酒を作る」「灰皿を変える」「ヘルプ」
「テーブルの掃除」「同伴、アフター」「メールや電話での営業」などがある。

キャバクラで働く上で一番重要になるのは「売上げを上げる」ことである。
ここでいう売上げとは、自分を指名してお店に来てくれたお客さんの売上げである。

厳しい言い方をすれば、真面目に出勤して接客を頑張っていても、
自分を指名して来てくれるお客さんを呼べないことには売上げはないので
お客さんを呼べないキャバ嬢は仕事をしていない同然だ。

一人一人のお客さんのニーズにあった接客をすることができれば、
おのずと指名も増えて、売上げも増えて、お給料も増える。

キャバ嬢は一個人事業主として『稼ぐ=売上げを上げる』という意識を強く持って
「どのようにしたら自分を指名してくれるお客さんが来店してくれるのか?」ということを
常に考えて仕事に取り組むことが必要になる。

キャバクラでの接客スキルを上げたい方は→コチラをクリック♪