キャバクラの枕営業

キャバクラの枕営業とは
お客さんとエッチすることで指名に繋げるという営業方法のこと。

枕営業をすることで、お客さんの気持ちを引き付けて店に呼ぶことは
水商売の世界ではありがちだと考えられている。

枕営業をすることで色々リスクは生じる。
同じキャバクラで働くキャバ嬢からの評判は悪くなる

大多数のキャバ嬢は
“枕営業は反則である”と考えていて、軽蔑の対象とされてしまう。

NO,1のキャストは他のキャストに嫉妬されたり、恨まれたりしがちであり
「あの子がNO,1キャバ嬢になれたのは、枕営業をやっているからだ。」という
無実の噂を広められたりすることもある。

キャバクラにくるお客さんは
「エッチをすること」というのを最終目的としていることが多いので、
一度枕営業にてエッチをしてしまうと、
お客さんとの関係が切れてしまってリピートに繋げれないケースが非常に多い。

エッチを目的に来店するお客さんに対しては、
枕営業は手っ取り早い営業方法ではあるが
お客さんに口説かれて、体を求められ上手く交わしつつ、
営業をかけて来店させるのが一流のキャバ嬢である。

【寝ちゃうと損?】枕営業について詳しくは→コチラから!