朝キャバ、昼キャバについて

キャバクラと言われれば夜を連想する方が多くおられると思うが、
朝キャバ・昼キャバというものがある。
朝キャバ・昼キャバの仕事内容でいえば、夜キャバと全く変わりない。

大きな違いで言うと、客層と営業時間である。
朝キャバ・昼キャバに来る客層は、
他店のキャバクラのボーイや店長、ホストなどの同業者が多い。

キャバクラによって営業時間は多少異なるが、
基本的に朝キャバは朝の4時~お昼まで、もしくは夕方まで営業している。
昼キャバは13時頃~18時頃まで営業している。

働いているキャストの多くは、
主婦やシングルマザーやフリーターなどの夜間に働くことが難しい女性である。

朝キャバ、昼キャバのメリット
「生活リズムが崩れない」「お昼の他のバイトより時給が高い」
「ノルマが少ない」「シフトの融通が利きやすい」などがある。

逆に朝キャバ、昼キャバのデメリット
「夜に比べて時給が安い」「昼から飲まないといけない」
「お客さんが少ない」「ガッツリは稼ぎにくい」。

朝キャバ、昼キャバ、夜キャバとあるように
自分の生活スタイルや目的によって働く時間や環境を選ぶことができる

朝キャバ、昼キャバって稼げる?稼げない?→コチラから!