直引きが引き起こすトラブルって?~本当にあったキャバクラ怖い話~

どうも~!
キャバペディアのひぐちんです
ひぐちんってどんなやつ?→詳しくはコチラ!

“直引き”という言葉をご存知ですか

この”直引き”というのは”裏引き”とも呼ばれ
「お客さんに店外でお金や物品を貰うこと」

キャバクラ業界では
タブーとされている行為です

「お金や物を貰えるならラッキー!」
と思う女の子もいると思いますが

断言します。

絶対にしない方がいいです!
リスクとリターンが釣り合っていません

なので今日は
この言葉の信憑性を高めるために
「本当にあったキャバクラの怖い話」と題して

実際に直引きをした事により
起こったトラブルを
紹介していきたいと思います

実際に起きたトラブル

Case.1 ストーカーと化した客

キャバ嬢のA美さんは
当時とある高級店で働いていました。

そのお店にはよく有名人の方が来店され
その中のとある有名人のお客さんに
このような質問をされました。

「どうしてキャバクラで働いているの?」

A美さんは内心めんどくさいと思い、
嘘の理由をお客さんに話しました。

すると、
そのお客さんは嘘を鵜呑みにしてしまい

「お金が必要なんだったらあげるよ」
多額の現金を店を介さずに
A美さんに差し出しました。

A美さんがその現金を
受け取ってしまったことが、
悲劇の幕開けとなったのです。

現金を受け取った後は
半強制的に愛人契約のように
お客さんと寝る日々が始まりました。

寝るだけなら良かったのですが、
要求は次第にエスカレートして
次から次へと出されるようになり、

束縛に我慢が出来なくなったA美さんは
一切の連絡を断つようになりました。

しかし、お客さんは
あろう事かA美さんの家を調べだし
毎日のようにインターホンを
鳴らしにくるようになったのです。

恐怖からA美さんは
出勤を減らすようになり、出勤する時は
なるべくこっそりと、
という生活を強いられるようになりました。

しかし、
話はこれで終わることはなく、

ある日A美さんが出勤をすると
そのお客さんが店に乗り込んできました。

お客さんは乗り込んでくるなり
「A美がキャバクラを卒業できるように俺はA美にお金を渡したんだ!なんでまだ働いているんだ!」
とバックヤードに怒鳴り込んできたのです。

ほんの些細な嘘が
こんな面倒ごとに繋がってしまいました。

結局A美さんは
その後その店舗で働きにくくなり
キャバ嬢を辞めざるを得なくなりました。

お店を介さずにお金を受け取った
というほんの些細な出来事で
あまりにも大きすぎる代償を
A美さんは払わされてしまったのです。

Case.2 脅迫に怯える毎日

とあるキャバクラで働いているS子さんは、
ある日フリーの席に着いた際に
お客さんからこのような誘いを受けました。

「お金を払うから店の外で会おうよ」

当時のS子さんは
「臨時収入だラッキー」くらいの軽い気持ちで
その誘いを了承しました。

その軽い気持ちから始まった直引き生活は
次第にエスカレートしていき

S子さんはお客さんから
キャッシュカードを預かるほどにまで
なってしまったそうです。

しかし、そんな関係は長く続くはずがなく
見返りがエスカレートするお客さんに対し、

S子さんは嫌気が差し
キャッシュカードを返却した上で
連絡を断ったのです。

それでもしつこく連絡が来て
S子さんは最終的には
店を辞めなければいけない状況にまで
追い込まれてしまいました。

お店を辞めた後は
電話番号も変更して、一安心・・・

というわけにはいかず、
お客さんは探偵を雇い
新しい電話番号と住所を調べ出したのです。

そんな中、ある日一通の手紙が届きました。
差出人はそのお客さんだったのです。

手紙には
「一生追い込む」
「今までお前に使った金と、
探偵代金や利息をしっかりと払え」

といった内容が
びっしりと書かれていたのです。

他人のキャッシュカードを使い
お金を引き出した、という罪悪感から

警察にも相談の出来ないS子さんは、
脅迫に耐えながら暮らす日々を
送るハメになってしまいました。

その後
脅迫は数ヶ月にも及び、
S子さんは逃げるように
田舎の実家に帰ったそうです。

「思わぬ臨時収入」のあとに待っていたのは
「思いもしない地獄のような日々」でした。

直引きは麻薬のようなもの

いかがでしたでしょうか

直引きは最初は

「楽してお金をもらえる」という快楽を覚え
ズルズルとその快楽に
しがみついてしまう麻薬のようなものです

そして、
そのままズルズルと関係を続けてしまうと
その快楽から抜け出せなくなり、

気がつけば上の2人のような
末路にたどり着くのです

もちろん直引きをしている人の全てが
このような末路を
味わうわけではありませんが

少なくともこのような結果を
生んでいる人もいるのが事実です

このような危険性を取って
得るお金なら無い方がマシです

お金以上に大切なものを
失う事も考えられます!
リスクが高すぎます!

まとめ

正直にいうと、この記事を
書くかどうかはかなり迷いました

ブログを読んでくれている女の子に

危険な目に遭ってほしくない、
実際にこういうこともありえる!
というのを知っておいて欲しいためです。

「これからキャバ嬢をしたい!」
という方は、この記事を見て

「え、キャバクラって
こんなお客さんがいるの?」

と引いてしまったかもしれません

大丈夫です、安心してください!!!

今回のお話はあくまでも
“直引きをしたため”のお話で

実際ストーカーになるお客さんがいても
直引きをしていなければ
お店の人が助けてくれます。

直引きは、お店を介してないから
お店の人がトラブルに関与できないだけで

同伴でのごはん代や、
アフターでのタクシー代などは
「お店を介して」なので
しっかりとお店の人が助けてくれます。

普段と違った記事ではありましたが、
皆さんの役に立てれば、と思います

実際に危険な目にあったエピソードを
お持ちの方はひぐちんに教えてください

また次回の記事もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

大阪京都兵庫奈良四国北陸

ABOUTこの記事をかいた人

ひぐちん

自称: キャバクラ業界ではそこそこの知名度があり 関西を拠点としてキャバクラの求人を行なっている。 NO.1有名キャバ嬢を多数輩出している 凄腕のキャバクラアドバイザー。笑